ホームページへ

エクセルで当選番号分布表を作る方法

スポンサードリンク

1:上の画像のようにSheet1のセルA1に回数、B1に第1数字、C1に第2数字、D1に第3数字、E1に第4数字、F1に第5数字、G1に第6数字、H1にボーナスと入力します。

2:そしてこれらの下の各セルに当選番号を入力していきます。

3:Sheet2のB列からAR列までを範囲選択してセルが正方形になるようにセルの幅を調節します。

4:セルA2に=Sheet1!$A2と入力する。

5:セルB1に1、B2に2、と入力する。

6:セルB1〜B2までを範囲選択してオートフィルでセルAR2までドラッグする。(AR2に43が入力されていればOK)

7:セルB2に=IF(OR(Sheet1!$B2=Sheet2!B$1,Sheet1!$C2=Sheet2!B$1,Sheet1!$D2=Sheet2!B$1,Sheet1!$E2=Sheet2!B$1,Sheet1!$F2=Sheet2!B$1,Sheet1!$G2=Sheet2!B$1),"○",IF(Sheet1!$H2=Sheet2!B$1,"B",""))と入力する

8:セルB2を選択してオートフィルを使ってAR2までドラッグします。

9:セルA2からAR2までを範囲選択してオートフィルを使い表示したい回数までドラッグします。
そうすると本数字には○、ボーナス数字はBと表示されます。

10:条件式書式設定で○やBのセルにそれぞれ色をつけます。

スポンサードリンク

完成図

スポンサードリンク

ホームページへ